えとたまアニメ続編2期製作の可能性は?円盤売上や原作ストックから予想!

えとたまアニメ続編2期製作の可能性は?円盤売上や原作ストックから予想!6

こんにちは!

2015年春アニメで放送された「えとたま」。

これで干支を覚えたという方はさすがにいないと思いますが、実は私は干支が全て言えるか怪しい・・・笑

今回は、えとたまの続編2期について、製作放送される可能性はどれくらいあるのかを円盤売上と原作ストックなどから予想していきます!

スポンサーリンク

まずはアニメ『えとたま』の感想!

えとたまアニメ続編2期製作の可能性は?円盤売上や原作ストックから予想!11

えとたまの評価  また見たい:〇 ストーリー:△ キャラ:〇 作画:〇

えとたまは。猫のえと娘にゃ~たんが干支神になるために、十二支全員に勝利を目指して奮闘する、猫が干支に入るはずだったという昔話を元にストーリー展開していきます。

いい意味でがちゃがちゃうるさいアニメでした。

何か嫌なことを忘れたいとか気分が落ち込んでいるときに見ると少しは癒された感じがしましたね。笑

作画も頑張っていますし、バトルシーンのデフォルメされたキャラもとても可愛くてGOOD!
そのバトルシーンは意外と見ごたえがあるのに驚きました。
声優さんもとてもうまく、作品にハマることができました。

ただし、アニメのストーリーをじっくり楽しみたいという方には向いていない作品かなと感じました。どちらかというと、惰性で見て楽しむアニメです。

そのようなこともあってか、好き嫌いがはっきり分かれる作品で、
合わない人は最初の1話で見るのをやめてしまうのではないかと・・・笑

私は何も考えず惰性で見ることが好きなので楽しめましたが、
2期を見るかと言われると、1期でお腹がいっぱいですね。

感想をざっくりと書いていきましたが、えとたまの続編2期が製作されるのか調べていきます!

えとたまアニメ続編2期が製作放送される可能性は何%?

えとたまアニメ続編2期製作の可能性は?円盤売上や原作ストックから予想!1

早速、えとたまの続編2期が製作放送される可能性がどれくらいなのか予想します!

円盤売上、原作ストック、アニメ製作会社の状況など様々な要素から、えとたま続編2期の可能性を予想すると10%です。

えとたまの続編2期が製作される可能性は極めて低いと思います。

続編を作るかどうかは制作会社次第ということはありますが、円盤売上や原作ストックからある程度考えるとこができるので、次から説明していきます。

スポンサーリンク

えとたまアニメ続編2期の可能性を円盤売上から予想!

えとたまアニメ続編2期製作の可能性は?円盤売上や原作ストックから予想!2

アニメの続編が製作されるのか予想する材料になるのは、円盤売上枚数です。

円盤が売れればそれだけアニメ制作会社の収入になるからです。
アニメ制作にかかった費用が回収でき、黒字になる円盤売上枚数のラインは4,000枚と言われていて、5,000枚を超えると続編2期の期待が高まります。

また、円盤売上は制作会社の収入になるだけでなく、
続編を製作するにあたって出資してくれるスポンサーを口説くときの材料にもなるため非常に重要な要素になります。

ということで、えとたまの円盤売上をまとめてみます。

えとたま円盤売上枚数

1巻・・・494枚

2巻・・・586枚

3巻・・・553枚

4巻・・・650枚

5巻・・・683枚

6巻・・・1,063枚

引用元:アニメDVD・BD売り上げまとめwiki

えとたまの円盤売上は6巻が一番売上枚数が多いという他のアニメ作品とは違った特徴がありますが、それでも4,000枚のラインには届いていませんし、ヒットと言われる3,000枚も達成できていません。

この売上枚数では、アニメ制作費用が回収できたとは考えにくく、続編2期を製作するのはかなり難しそうですね。

えとたまアニメ続編2期の可能性を原作ストックから予想!

えとたまアニメ続編2期製作の可能性は?円盤売上や原作ストックから予想!3

アニメなど映像作品を作るためには原作が必要ですが、
続編を製作するためには原作エピソードのストックがどれくらい残っているのかも重要になります。

原作ストックが無い状態でアニメ化をしてしまうと、
アニメオリジナルストーリーを作ったり、最悪の場合は放送延期などの対応をしなければなりません。

そうなると、キリがいいところで最終回を迎えることは難しくなりますし、ストーリーがかなり省かれてしまうことも起きかねません。

えとたまはオリジナル作品でのため、原作漫画や原作小説といったものはありませんが、
アニメ公開に先駆けて『月刊コミック電撃大王』で連載され、単行本は全3巻発売されています。

原作は3巻分では、続編2期を制作するのは難しいです。

原作が足らなければ作ってしまえばいいのですが、
円盤売上が少なかったことから、続編2期のために原作を作るということはしないでしょう。

円盤売上と原作ストックから、えとたま続編2期を考えた結果10%となりました。

スポンサーリンク

アニメ制作会社の状況から続編2期の可能性は?

えとたまアニメ続編2期製作の可能性は?円盤売上や原作ストックから予想!4

円盤売上と原作ストックから、えとたま続編2期の可能性を予想しましたが、
アニメ制作会社の状況も見てみたいと思います。

えとたまを製作したのは、白組とエンカレッジフィルムズです。

この2つの制作会社は、続編を製作する傾向がありません。
特にオリジナルアニメは、えとたまが2作品目です。

円盤売上が無かったアニメで原作ストックもないと考えられるアニメの続編をあえて作るとは考えにくいです

アニメ制作会社の状況から考えても、えとたまの続編2期が製作されることは無さそうですね・・・

最後に

えとたまの続編2期の可能性を考えてきましたが、今後制作放送されることは無いでしょう。

干支に猫が入るはずだったという昔話がベースでとても面白い作品で続編も楽しみでしたが、円盤売上が少なすぎましたね。

少し残念ではありますが、アニメ業界も厳しい世界なので仕方が無いのかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございます!それではまた!