GoToキャンペーン予約キャンセル料の申請方法や対象は?東京以外も政府が負担?5

こんにちは!小爺です!

 

2020年7月22日からGoToキャンペーンが始まりますが、
開始直前になり東京都がGoToキャンペーンから除外されましたね。

 

すでに東京都で宿泊予約をしてしまった方のキャンセル料が、
どうなるのか注目されていましたが、政府がキャンセル料を負担するようです。

 

そこで今回は、GoToキャンペーン予約キャンセル料について、

予約キャンセル料の申請方法は?

予約キャンセル料の負担対象は?

東京都以外の予約キャンセル料も負担してくれるのか?

などを中心に調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

GoToキャンペーン予約キャンセル料の申請方法や対象は?東京以外も政府が負担?

GoToキャンペーンの予約キャンセル料を政府が全額負担

7月20日、菅義偉官房長官が、GoToトラベルキャンペーンについて、
東京都を対象から除外したことで、
旅行のキャンセル料を補償することを検討する考えがあることを発表
しました。

 

東京都の新型コロナウイルス感染者が増加していて、
この時期にGoToキャンペーンを実施するのはどうなのか」と批判が集まったため、
東京を対象から除外しましたよね。

 

東京がキャンペーン対象から除外されたことで、
すでに東京都のホテルなどを予約している方や
東京都の方の地方への宿泊は、キャンペーンが適用されない
ことになります。

 

東京都がキャンペーンの対象にならないということで、
宿泊予約をキャンセルする方も多いと思いますが、
政府は当初、『キャンセル料は負担しない』と発表していました。

 

しかし、直前での東京都の除外発表ということや与党や自治体の批判もあり、
7月20日なって『キャンセル料を補償することを検討する』と発表しました。

GoToキャンペーン予約キャンセル料の申請方法は?

GoToキャンペーン予約キャンセル料の申請方法や対象は?東京以外も政府が負担?1

予約キャンセル料が補償されるということですが、
その申請方法はどうしたらいいのか気になりますよね。

 

現時点では検討している段階ですが、
キャンセル料を政府が負担する可能性は非常に高いと思います。

では、その予約キャンセル料の申請方法はどうしたらいいのでしょうか?

 

GoToキャンペーンの申請は、
旅行会社を通して申請することになっていますよね。

予約キャンセルについても、
旅行会社を通すか、直接宿泊施設に連絡することになる
と思います。

 

予約キャンセル料の申請手続きが面倒になりそうな気がしますが、
意外と簡単に済む可能性があります。

 

一番簡単なのは、
旅行会社や宿泊施設がキャンセルを受け付けた場合、
お客さんからはキャンセル料を取らず、
後日、国が旅行会社や宿泊施設に保証する形。

この方法であれば、お客さん側が予約キャンセル料を申請せずに済みますよね。

 

現時点では、どのようにするか検討している段階で、
この方法になるという確証はありませんが、
旅行会社や宿泊施設に予約キャンセルの連絡をするだけで済むので、
この方法にしてほしいです!

 

7月21日追記:キャンセル料について政府は、
宿泊施設や旅行業者が利用客に請求しないことを求める見通し
です。

利用客は、宿泊施設や旅行代理店にキャンセルの連絡をするだけでよく、
キャンセル料は請求されません。

スポンサーリンク

GoToキャンペーン予約キャンセル料負担の対象は?

GoToキャンペーン予約キャンセル料の申請方法や対象は?東京以外も政府が負担?2

政府が負担してくれる予約キャンセル料ですが、
対象となる人などはどのようになっているのでしょう。

 

キャンセル料負担の話は、
東京都がGoToトラベルキャンペーンから除外されたことで出てきたものですよね。

なので、対象となる人は、
東京都に住んでいる方で7月22日以降に宿泊施設を予約している方、
東京都の宿泊施設を7月22日以降に宿泊予約した方が対象です。

 

今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況では、
対象となる人や地域が増えてくる可能性はありますが、
現時点では、東京都発着のキャンセルが対象です。

GoToキャンペーン予約キャンセル料は東京都以外も政府が負担?

GoToキャンペーン予約キャンセル料の申請方法や対象は?東京以外も政府が負担?3

先ほど書いた部分と重なる点もありますが、
東京都以外の宿泊を予約キャンセルした場合も政府が負担してくれるのでしょうか。

 

この場合は、予約キャンセル料を政府は負担してくれません。

この予約キャンセル料負担は、
政府が東京都をGoToキャンペーンから除外したからです。

 

従って、東京以外の地域は対象から外れていないので、
予約のキャンセルをした場合は、政府は負担せず、個人が負担することになります。

この場合は、普段の予約キャンセルと同じになるので、
予約をキャンセルする場合は余裕をもって連絡するようにしましょう!

 

GoToキャンペーン予約キャンセル料の申請方法や対象

最後にまとめますね!

  • GoToキャンペーンの予約キャンセル料の申請方法は、
    お客さん側はキャンセルの連絡をするだけでいい可能性あり
    (今後の発表次第)
  • キャンセル料を国が負担してくれる対象は、
    東京都在住で7月22日以降に宿泊予約をしている方
    地方から7月22日以降に東京で宿泊予約している方
スポンサーリンク
他にもおすすめの記事があります!そちらも是非読んでみてください!

 

若者と高齢者の団体旅行がキャンペーンから除外されます。
【GoToキャンペーン】団体旅行対象外は何人から?年齢制限もあるの?

GoToキャンペーンの申請などについて調べました!
GoToキャンペーンの申請やクーポンの受取り方法は?期間はいつからいつまで?

三重県をお得に楽しむことができますよ!
みえ旅プレミアム旅行券の申し込み方法や対象者は?期間はいつからいつまで?

GoToキャンペーン予約キャンセル料の申請方法や対象は?東京以外も政府が負担?最後に

GoToキャンペーン開始間際でバタバタしていて、
かなり混乱しますよね。

 

観光業界を救うためとはいえ、ちょっと急ぎすぎな感じもしますし。

今後の状況では、キャンペーンの対象から外れる地域も出てくることも考えられます。

 

地方から地方への宿泊でもキャンペーン対象外となることもありそうなので、
今後の情報に注意して旅行の計画を立てましょう!

旅行中も手洗い、うがい、マスクなど感染防止を徹底しましょうね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!それではまた!