どうも~小爺です!
 
 
 
9月5日午前11頃、横浜市神奈川区の京急本線「神奈川新町第一踏切」で、
8両編成の快特電車とトラックが衝突しました。
 
 
トラックと衝突し電車も結構な被害が出ています。
この事故に限らず、このような事故が起きたときの賠償額や誰が払うのかが
気になったので調べてみたいと思います。
 
スポンサーリンク

京急電鉄トラック衝突事故

この事故の発生場所は、神奈川新町駅と仲木戸駅の間にある踏切です。
 
 
電車に乗車していた方達が、ツイッターで電車内から事故の様子を投稿しています。
 

 
トラックが炎上したようで、事故の大きさが分かると思います。
ケガをした方もいるようで、負傷者29名でトラックの運転手とみられる方が亡くなったそうです。
 

 
また、電車は時速約120kmでトラックと衝突した可能性もあるということです。
 
スポンサーリンク

京急電鉄トラック衝突事故の賠償金額はどれくらい?

この事故に限らず、電車絡みの事故というのは、
賠償金が凄いことになると耳にしたことがある方も多くいると思います。
 
 
そこで調べてみました!
 
 
まずは、電車の損害です。
通勤電車の相場は1両1億円くらいだそうです。
先頭車両や動力がある車両などでは値段が変わってくると思いますが。
 
 
ちなみに新幹線は1両3億円だそうです。
 

 
今回の事故では、写真で見た感じでは3両が脱線しているように見えます。
先頭車両は、ガラスが割れ斜めになっています。
 
 
車両を修理すれば使用できるのか、修理不可能なのか素人では判断できませんが、
事故現場から車両を運び出したりするのにもそれなりの金額がかかるでしょう。
 
 
また、電車に電力を供給する架線やその柱も折れ曲がっていたりしているので、その修理費用等もあります。
 
 
 
また、乗客のケガをされた方の補償や振替輸送の費用なども。
 
 
それぞれの金額の相場が全く分かりませんが、電車の金額から考えると
最低でも2億円以上の被害になるのではないでしょうか。

京急電鉄トラック衝突事故の賠償金は誰が払う?

今回の事故は、トラックが事故に関わっています。
このトラックは、レモンを660ケース積んでいたということです。
 

ということは運送中、仕事の中で起きた事故なのですが、
賠償金は誰が払うことになるのか気になります。
 
 
私なりに調べて考えてみました。
トラック会社は、しっかり保険を掛けてくれているところもあれば、
保険を掛けていない会社もあるそうです。
 
 
トラックの保険は普通自動車に比べて費用が高額になるためと、
トラックの車検代などの多くの費用が掛かることが保険に入っていない理由だそうです。
 
 
 
今回の事故の原因は、まだはっきりとしていません。
「右折時の内輪差で立ち往生してしまった」
強引に右折をして、標識をなぎ倒していた」という目撃情報がありますが、
運輸安全委員会が原因調査を行うそうです。
 

 
原因がはっきりしていないので、賠償などどうなるかはわかりませんが、
トラックの積み荷のレモンの賠償金はトラック会社が払うことになると思います。
保険に入っており、適用されれば保険会社ということになると考えられます。
 
 
鉄道会社の損害に関して、誰が払うのかなどは原因が判明してからでしょう。
 
 
トラックドライバーに過失があれば、ドライバーに。
会社から早く納品するようになどと急かされた場合は、会社になると思います。
 
 
 
ただし、実際の賠償金の請求額はピンキリだそうです。
一般人が数億円の賠償金を請求されても払えませんからね。
 
 
おそらく会社に対しても、満額の賠償を請求することはないのではと思います。
この点は、裁判で争われることになると思いますが、
その会社が潰れてしまうとそこで働いている人も職を失うことになりますからね。
 
 
 
いずれにしても、多額の賠償をトラック会社かドライバーが払うことになるでしょう。
今回の事故は、ドライバーの方が亡くなってしまっているので、
さらにややこしくなりそうな感じはします。
 
他にもおすすめの記事があります。そちらも是非読んでみてください!
 
めちゃくちゃ替え歌凄いです!しかも歌も上手い!
 
負けられるものなら負けてみろ!
 
百万石音楽祭の会場の情報です!
 

京急電鉄トラック衝突事故の賠償金額はどれくらい?誰が払う?最後に

いかがでしたか?
 
 
電車を止めてしまったり、
電車との事故を起こすと多額の賠償金を請求されるのかについて調べてきました。
 
 
実際に請求される金額には大きな幅(ピンキリ)があるということがわかりました。
過去の事例も調べてみましたが、
故意に電車を止めることと事故では、賠償の請求額には大きな差があります。
 
 
素人が調べ、考えたことなので正確ではないと思いますが、
お役に立てれば幸いです。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!
 
スポンサーリンク