岐阜県に緊急事態宣言が再び出るのはいつから?期間はいつまでで内容は?5

こんにちは!小爺です!

 

関東の1都3県に緊急事態宣言が発令され、
関西の3府県も緊急事態宣言の要請を1月9日に行うようです。

 

岐阜県は、独自の緊急事態宣言を発令しましたが、
政府に緊急事態宣言を要請するのか気になります。

 

そこで今回は、岐阜県の緊急事態宣言について、

政府に要請する可能性はあるのか?

発令されるとしたらいつからなのか?

期間はいつまで続くのか?

などを中心に調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

岐阜県が緊急事態宣言を政府に要請する可能性は?

岐阜県は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
1月9日に県独自の緊急事態宣言を発令しました。

今のところは県独自の緊急事態宣言ということですが、
政府に緊急事態宣言の要請を行うのか考えてみたいと思います。

 

まず初めに、今回の緊急事態宣言を要請した地域は、
隣り合う県などが共同して要請を行っています。

なので、岐阜県が単独で政府に要請するのは今のところ考えにくいです。

 

また、岐阜県は愛知県と隣り合っており、
愛知県と密接な関係があります。

このことから、岐阜県は愛知県と共同して緊急事態宣言の要請を行う可能性が高いと思います。

 

愛知県は、緊急事態宣言の要請を
3連休の感染状況を見ながら国に要請する方向で協議を進めるそうです。

すでに岐阜県は、政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の指標に達しています。

 

岐阜県も3連休の感染状況を見て、
愛知県と共同で要請を出しそうですね。

岐阜県の独自の緊急事態宣言の内容は?

岐阜県に緊急事態宣言が再び出るのはいつから?期間はいつまでで内容は?2

岐阜県が独自に発令した緊急事態宣言の内容は、
県民に対して首都圏や関西・愛知県への移動自粛の徹底と、
特に夜間の外出自粛が求められています。

 

これ以上感染者数を増やさないためにも、
今まで以上に慎重に行動するようにした方がいいですね。

スポンサーリンク

岐阜県に緊急事態宣言が再び出るのはいつ?

岐阜県に緊急事態宣言が再び出るのはいつから?期間はいつまでで内容は?1

では、岐阜県に緊急事態宣言が発令されるのはいつになるのでしょうか。

 

岐阜県は愛知県と共同で緊急事態宣言の要請を行う可能性が高いので、
3連休の感染状況を見てから政府に要請を出すと考えらえます。

したがって、3連休明けの1月12日に政府に緊急事態宣言の要請を行い、
1月14日に政府から緊急事態宣言が発令される
と思います。

 

緊急事態宣言の要請を出すかは、
この3連休の感染状況次第ですが、
今の状況を考えると要請を出しそうですね。

1月13日追記

岐阜県も1月14日から2月7日まで緊急事態宣言が発令されます。

それだけ危機的な状況ということを考え、
これからの行動を見直していきましょう!

岐阜県の緊急事態宣言の期間はいつからいつまで?

おそらく岐阜県にも緊急事態宣言が発令されると思いますが、
その期間がいつまで続くのか気になりますよね。

 

関東の緊急事態宣言はすでに発令されていますが、
その期間は1月8日から2月7日までの1か月間です。

岐阜県はこれに遅れて発令されることになると思いますが、
その期間は関東などと足並みを揃え、2月7日までになると思います。

 

しかし、感染状況や医療のひっ迫などがあれば、
期間が延長される可能性も十分に考えられると思います。

スポンサーリンク

再び発令される緊急事態宣言の内容は?

岐阜県に緊急事態宣言が再び出るのはいつから?期間はいつまでで内容は?3

岐阜県にも再び発令される可能性がある緊急事態宣言ですが、
前回と内容が少し変わっているので注意が必要です。

 

ということで、緊急事態宣言の内容を確認してみましょう。

緊急事態宣言が発令されるまで

  1. 新型コロナウイルス感染対策本部で、緊急事態宣言の発令準備
  2. 首相が専門家に緊急事態宣言の要件に該当するか意見を求める
  3. 首相が対象区域・期間を示して緊急事態宣言を発令

この手順で緊急事態宣言が発令され、
各都道府県知事に以下のような権限が与えられます。

緊急事態宣言発令後

  1. 外出自粛要請(生活に必要なことは除く)
  2. 学校の休校、百貨店やイベント開催の制限や停止の要請・指示
  3. 緊急物資の運送、医薬品・医療機器の配送の要請・指示
  4. 臨時に医療施設開設のために土地や建物を同意なしで使用
  5. 医薬品などの必要物資の収用と保管の命令

以上が前回の緊急事態宣言の時の内容でした。

 

再び緊急事態宣言が発令されれば、
基本的には前回と内容は変わりませんが、
少し違う点があるので注意が必要です。

再発令される緊急事態宣言の内容

今回の緊急事態宣言の内容は、前回と少し違う点があります。

午後8時までの時短要請

今回の緊急事態宣言は、飲食店のほか一定の規模以上の映画館、
スポーツクラブ、遊興施設などを対象に午後8時までの時短が要請されます。

 

酒類の提供は、午前11時から午後7時までに短縮するように要請され、
要請に応じない場合は店名が公表されます。

しかし、要請に応じた飲食店には、
協力金が1日あたり6万円支給されます。(4万円から2万円アップ)

不要不急の外出自粛要請

既に岐阜県は午後8時以降の不要不急の外出自粛が求められていますが、
午後8時以降の不要不急の外出自粛が要請されます。

 

また、接触機会を減らす目的で、
企業などに「出勤者数の7割削減」を目指す方針で、
今まで以上にテレワークを推進し、
午後8時以降の勤務をなるべく控えるように事業者に求められます。

 

愛知県に仕事に行く方も多い岐阜県ですが、
今まで以上にテレワークが推進される可能性も考えておきましょう。

一斉休校は求めない

今回の緊急事態宣言は、一斉休校は行われません。

また、大学入学共通テストや高校入試などは予定通り実施されます。

 

しかし、部活動を通しての感染も増えていることかから、
部活動は制限するように求められます。

 

以上が今回の緊急事態宣言の内容です。

状況によっては、また違う要請などが出てくることも考えられるので、
新しい情報に注意して行動してくださいね!

 

他にもおすすめの記事があります!そちらも是非読んでみてください!

 

愛知県にも緊急事態宣言が出る可能性が高くなりましたね。
緊急事態宣言が愛知県に再び出るのはいつから?期間はいつまでで内容は?

成人式どうなるんでしょうか。
名古屋市の成人式2021が新型コロナで延期や中止の可能性は?オンライン開催もある?

大阪府にも緊急事態宣言が発令されそうです。
緊急事態宣言が再び大阪府に出るのはいつから?期間はいつまで内容は?

 

最後に

岐阜県は1月9日に県独自の緊急事態宣言を発令しました。

 

政府への要請は愛知県と共同で行う可能性が高く、
3連休明けの1月12日に要請を行うものとみられます。

 

再び発令される可能性が高い緊急事態宣言ですが、
岐阜県は政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の指標に達しています。

今一度、感染対策の徹底、夜間の外出自粛などをしていく必要がありそうですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!それではまた!