どうもー!小爺です。
 
 
秋の気配が近づいてきた今日この頃
いかがお過ごしですか?
 
 
でも、昼間はまだ半そでで十分な日もあるので
体調管理に注意しましょう!
 
 
今回は、チューリップについて
まとめていきたいと思います。
 
 
小さい子から、お年寄りまで知らない人はいないんじゃないか?
というくらい有名なチューリップ。
 
 
まだ植え付けるのは少し早いですが、
紅葉が始まる頃に植えるのがベストです!
 
 
 
球根も、それくらいの時期からお店で売り始めます!
人気があるので、チューリップを育てたい方は早めに手に入れましょう!
 
スポンサーリンク

チューリップの育て方

球根の植えつけ

10月中旬から11月くらいに植え付けましょう!
目安は、紅葉が始まったくらいです。
 
 
花壇に植える場合は、球根2個分くらいの深さに植えます。
根をしっかり張らすために、深く耕しておくといいと思います。
 
 
1つでは寂しいので何個か並べて植えると思いますが、
その時は、球根2個分くらいの間をあけて植えてください。
 
 
 
鉢は、30cmくらいの深さのあるものがベストです!
 
鉢植えの場合は、どうしても球根の間隔がせまくなってしまいます。
そうすると、球根が大きくならず使用するのは難しいかもしれません。

チューリップを植える場所

日当たりの良い場所が好きです。
毎年同じ場所で育てるのはやめたほうがいいです。
うまく育ちません。
 
 
鉢植えの場合は、毎年新しい土に植え替えれば大丈夫ですよ!

水やりの頻度

球根を植え付けした後に、水をあげる。
2週間くらいは水を与えると根がしっかり成長するようです。
 
 
あげすぎもよくないと思うので、
土の状態をよく観察するのがいいと思います。
 
 
花壇に植える場合は、冬に水やりを忘れがちです。
冬の花、ビオラやパンジーなどと一緒に植えると
水やりを忘れないと思いますよ!

チューリップの肥料

植え付ける土に、緩効性肥料を混ぜておきましょう!

病害虫

病気は、葉に現れるものが多いようです。
葉に斑点が出てきたり、縮れてきたら様子を見てください。
 
 
どんどん広がっているようなら、
他の株に感染するのを防ぐために、思い切って抜いてください。
 
スポンサーリンク

チューリップの増やし方

花が咲き終わったら、花弁が落ちる前
花の下の部分で、茎を折ってください。
 
 
はさみを使ってもいいですが、しっかり消毒したものを使ってください。
 
 
私は、手でポキっといきます。
 
 
これは、花に種が出来るのを防いぐため。
球根に栄養を蓄えさせるためです!
 
 
そして、葉が黄色くなって枯れ始めたくらいに球根を
掘り上げてください。
 
 
掘り上げたら、水できれいに洗ってください。
ミカンが入っているネットのようなものに入れて、
風通しの良い日陰に吊るして保管します
 
 
また、秋に植えましょう!
 
 
と、書きましたがなかなかうまくいかないことがあります。
球根が小さいとうまく花が咲きません。
 
 
球根をいかに大きくさせるかが重要です
農家さんは、咲き始めの花を折って球根を育てて出荷しているそうです。
それくらいしないと、球根を大きくすることはできないのかもしれませんね。
 
 
 
でも、せっかくできた球根。
実験的に植えてみて、うまく花が咲いたらいいな!
くらいの気持ちで植えてみましょう!
 
 
意外と花が咲くかもしれません!
 

球根は植えっぱなしでいいのか?

私の考えですが、花壇に植えているもの
掘り起こして日陰で保管しておいたほうがいいと思います。
 
 
花壇だと、チューリップの葉がなくなっている夏に
他の植物も植えていると思います。
 
 
そうなると水やりをしますよね?
ということは、球根が腐りやすくなってしまいます。
 
 
ですから、花壇は掘り上げましょう!
私は花壇でもそのままにしてありますが、
特に注意することなく、毎年キレイに花を咲かせてくれます。
 
 
鉢植えの場合は、植えっぱなしでも掘り起こしてもどちらでも
いいと思いますよ。
 
 
ただ、鉢植えの場合は水やりはしないでください。
球根が腐ってしまいます。
 
 
チューリップは古い土が苦手なので、
新しい土を鉢に入れる必要があります。
 
 
結局、掘り上げないといけないです(笑)
他にもおすすめの記事があります。そちらも是非読んでみてください!
 
サボテンですが、育てるの簡単です!
 
紫色のきれいな花が咲きます!一斉に咲く姿きれいですよ!
 
めちゃくちゃ歌が上手い!ディズニーに行けば会えるかも!?

まとめ

チューリップは、秋に植えて翌年の春に咲く。
その割には、花が咲いている時間が短い。
 
 
と思いますよね?
 
 
 
でも、その短い期間だからこそ
とてもかわいらしく美しく見えると思いませんか?
 
 
だから、知らない人はいないんじゃないでしょうか。
 
 
そして、チューリップの育て方は、
他の球根植物にも共通していることがあります。
 
 
チューリップを育てて、他の違う球根植物に挑戦してみるのもおすすめですよ!
 
 
 
是非、皆さんにも美しい姿を楽しんでほしい植物の一つです!
 
 
 
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
スポンサーリンク