どうも!小爺です!
 
 
今回は、
ミヤコワスレについてまとめていきたいと思います!
 
 
 
都忘れと漢字で調べると、
アーティストのGLAYさんが
都忘れという歌を歌っているようです。
 
 
さて、話がそれるのはこれくらいにして
まとめていきたいと思います!
 
スポンサーリンク

ミヤコワスレとは?

本州、四国、九州の山地に自生する
ミヤマヨメナの園芸品種につけられた和名
だそうです。
 
キク科です。
 
 
 
花が咲く時期は、4月から6月中旬で多年草です。
 
 
花の色は、中心部は黄色くなります。
まわりの花びらは、紫色です。
 
 
花の色は、
紫色の他にもピンクや白などがあります。
 
 
花の色もたくさんあるので、
花壇の雰囲気に合わせて植えられそうです!
 
スポンサーリンク

ミヤコワスレの育て方!シェードガーデンにどうぞ

日陰の方が好きな植物です。
 
 
強い日射しには弱いので、
直射日光に当たらない場所に植えましょう。
 
 
シェードガーデンにぴったりです!
日陰の場所にも!
 
 
 
鉢植えの場合は、6月くらいになったら
日陰の風通しの良い場所に移動!
移動したら、少し涼しくなる9月中旬まで
移動はしないでください。
 
 
 
寒さには強いミヤコワスですが、
霜にあたったり凍結しないよう
場所を移動させたり等の対策をしましょう!
 
 
冬の水やりも土が乾いたら、
たっぷり与えてください。
 
 
 
多年草なので、
何年も季節が来れば咲き続けます。
 
 
枯れた茎は切り取ってください。
理由?見た目が・・・
 
 
このままの状態で夏を越すので、
枯れたと思って掘り起こさないように。
 

ミヤコワスレの日頃のお手入れ

花がら摘み
花が咲いている時期に、
咲き終わった花をそのままにしないように。
 
 
そのままにしておくと、
病気の原因になります!
 
 
 
切り戻しをおすすめします!
早い時期から咲いたミヤコワスレは、
花が少なくなった、3月から4月に
弱剪定をするのをおすすめします!
 
 
わき芽が伸びて、再び花を咲かせます。
 
 

ミヤコワスレの用土は?

水はけがいい土
栄養たっぷりな土
弱酸性の土
 
どんな植物でも好きそうな土です。
 
よくわからん!という場合は、
ホームセンターで「花壇の土」とか
花の土」というようなものを
選ぶといいです。
 
 
私は、あまり気にしないのでホームセンター
で買った土をそのまま使っています。
 
 

植え替えのタイミング

地植えの場合は、植えた場所が
ミヤコワスレが好きな環境であれば、
同じ場所に植え続けても元気に育ちます。
 
 
でも、同じ場所に長く植えていると
段々と成長が悪くなってきます。
 
 
そうなったら、違う場所に
植え替えてあげましょう!
 
 
5年くらいが目安だそうです。
 
 
 
鉢植えの場合は、鉢の底から根が出てきたら植え替えのサインです。
この場合は、鉢を一回り大きいものに植え替えるか、株分けを行いましょう!
 
 
次は、増やし方については次で説明します!
 
 

ミヤコワスレの増やし方は2種類!

株分けか挿し芽で増やせます。
 
株分けの方法
株分けは、花が咲き終わった頃
行いましょう。
 
 
手順は、株を土から掘り出します。
根に付いてる土を払い落とします。
ハサミなどで切り分けて、植え付けます。
 
 
簡単です!
 
挿し芽の手順
挿し芽は、4月から6月に行ってください。
 
 
春に伸びた芽の先から2節目くらいを切り取ります。
 
 
切り取った茎を赤土玉等に挿して、
根が出るまで土が乾かないよう
霧吹きなどを使って、
土を湿らせておきましょう!
 
 
自分は挿し芽用の土を使っています。
 

ミヤコワスレに肥料を与える頻度

植え付けるときに、
土の中にゆっくり効く肥料を
混ぜてください。
 
 
液体肥料は、花が咲いたあとから秋までに
3回くらい与えてください。
夏は与えなくても大丈夫です!
 
 
 

気をつける病気と虫

梅雨時期から夏の湿度の高い時期に、
株元に白いカビのような、
クモの糸のようなものがまとわりつきます。
 
 
枯れてしまう場合もあるので要注意です!
 
 
春から、花のつぼみや茎、葉にアブラムシが
付くので見つけたら駆除しましょう!
 
 
他にもおすすめの記事があります!そちらも是非読んでみてください!
 
日陰でも可愛らしい花を咲かせてくれます!葉の色もキレイでおすすめです!
 
シェードガーデンや日陰の場所におすすめの花です!
 
日陰が好きな植物です!花もかわいらしいですよ!
 

まとめ

ミヤコワスレは、日陰に強く暑さに弱い。
そして、寒さにも強く多年草なので
シェードガーデンにぴったりだと思います。
 
 
そして、花の色も紫色、ピンク、白色と
バリエーションがたくさんあるので、
花壇に合わせて植えることができます。
 
 
 
地植えであれば、植えっぱなしでも
成長してくれるので手間もそれほどかかりませんよ!
 
 
日陰の花壇の花を
お探しの方におすすめしたい花の一つです。
 
 
 
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!
スポンサーリンク