どうも~小爺です!
 
 
福士蒼汰さんと菜々緒さんがW主演の
ドラマ「4分間のマリーゴールド」が10月から始まりますね!
 
 
 
ドラマが始まる前ですが、原作から最終回をネタバレ予想していきたいと思います。
 
スポンサーリンク

4分間のマリーゴールド最終回を原作でネタバレ!

4分間のマリーゴールド 最終回を原作でネタバレ!タイトルの意味も!1

4分間のマリーゴールド」は、最終回どのような結末を迎えるのでしょうか。
 
 
このドラマは、全3巻で完結している漫画が原作になっています。

あらすじを原作でネタバレ

みことの能力

福士蒼汰さんが演じる「みこと」には誰かと手を重ねると、
その相手の命の最期が見えるという能力を持っています。
 
 
その能力は、子供の頃から持っていたのですが、
その当時は何を意味しているものかわかりませんでした。
 
猫小爺猫小爺

救命士になってその能力が、「人の最期が見える」ってことに気づいたんだよ!

みことが9歳の時に、父は再婚します。
再婚相手には3人の兄弟がおり、4人兄弟になったみこと。
 
4分間のマリーゴールド 最終回を原作でネタバレ!タイトルの意味も!2
 
みことが9歳の時に、菜々緒さんが演じる再婚相手の子供である沙羅と出会います。
 
 
意図せず重ねた手から、沙羅の死ぬ日が28歳の誕生日8月23日)だと見えていたのです。
 
 
救命士として懸命に命を救おうとしますが、運命が見えた相手を救うことができません。
それは、沙羅にも当てはまること。
 
 
 
好きな人の運命が見えてしまう、しかもそれが近い将来に起こる。
耐えられませんよね。辛すぎます。
 
スポンサーリンク

みことと沙羅が付き合う

みことは沙羅のことが好きだったが、沙羅も同じようにみことのことが好きでした。
 
 
秋祭りでキスをする二人。
その二人の姿を目撃してしまった沙羅の兄・廉
 
 
おれはお前の家族をやめる」とみことに対して言い放ちます。
 
 
みことは悩みましたが、みことは廉に自分の能力について話し、
沙羅の運命を伝えるのです。
 
 
 
しかし、沙羅は偶然その話を聞いてしまうのです。
次の誕生日に死んでしまう運命だということを。

みことと沙羅が結婚へ

みことが沙羅にプロポーズをし、お互いの気持ちを確かめ合った二人は結婚が決まります。
沙羅は自分が死んでしまうことを聞いてしまったため、籍を入れることに反対します。
 
4分間のマリーゴールド 最終回を原作でネタバレ!タイトルの意味も!3
 
しかし、みことは「1秒で1年分愛す」ことを心に決め、入籍します。
 
 
 
沙羅は、誕生日記念の絵を1年がかりで絵をかいていました。
生きていた証」として残したいと。

運命の日

6月21日に沙羅が楽しみにしていた美術館へ二人で出かけることに。
このとき、みことは夜勤明けだったため沙羅が運転して美術館へ向かいます。
 
 
みことは今の自分の考えや気持ちを沙羅に伝えます。
死んだ人はその人を思う人の心の中で生き続ける
 
 
それを聞いた沙羅は、
それなら私はずっと生き続けられるね
と言います。
 
 
この展開何か起こる!!
 
 
 
赤信号で停車し、二人が見つめ合った瞬間、
トラックが運転席側に突っ込んでくるのです。
 
 
頭から血を流し意識を失っていましたが、
みことが話しかけると一瞬意識を取り戻します。
 
 
大好き
 
 
その言葉を残し、沙羅の呼吸が止まるのです。
ことは必死に心肺蘇生を行い、沙羅は救急搬送されます。
 
 
しかし、昏睡状態が続いたまま運命の8月23日が近づいてきます。
 
 
 
沙羅の描いていた絵を見たみことは泣いてしまいます。
マリーゴールドが描かれ、そこにみことの救急救命士姿も描かれていたのです。
 
 
私も泣きました(笑)

最終回を原作でネタバレ!

あの事故から1年後。
 
 
沙羅は生きていました。
みことの懸命な処置のおかげで。
 
 
 
自分の足で歩けるようになるまでに1年かかりましたが、
無事、結婚式を迎えることができたのです!
 
 
そして、事故が起きた後からみことの能力はなくなりました。
 
 
ハッピーエンド!良かった!
ドラマも同じような結末を迎えると思います。
 
 
 
漫画でも涙を流してしまったので、ドラマとなるとどうなってしまうのか不安です(笑)
一人でこっそり見ることにしよう・・・

4分間のマリーゴールドのタイトルの意味は?

「4分間のマリーゴールド」の意味が気になりませんか?
 
 
救命救急では、
心臓と呼吸が止まってから『4分間』が生死を分けると言われています。
 
 
心臓と呼吸が止まってから、救命処置(人工呼吸や心臓マッサージ、AED)が
早ければ早いほど命が助かる確率が高くなります。
 
 
その4分間で50%の確率で命が助かるそうです。
これがタイトルの『4分間』の意味です。
 
 
 
次にマリーゴールド。
マリーゴールドは、沙羅が好きな花。
 
4分間のマリーゴールド 最終回を原作でネタバレ!タイトルの意味も!4
 
沙羅が11歳の誕生日のとき、みことが沙羅にマリーゴールドをプレゼントします。
沙羅は「私はきっと一生この花が好き」と喜んでいました。
 
 
そして、沙羅が描いていた絵にもマリーゴールドとみことの姿。
もうタイトルが意味するものは分かりましたよね!
 
 
 
原作を読んで内容を知っていても、
ドラマでも見たいと思ってしまうほど素晴らしい作品だと思います。
 
猫小爺猫小爺

あんまり関係ないけど、ちょうどマリーゴールドが咲いている時期だよね!

 
私は絶対泣いちゃいますけど(笑)歳をとったせいもあるということに・・・
他にもおすすめの記事があります。そちらも是非読んでみてください!
 
いろんな考察がありますね!
 
秋の夜長におすすめのバンドです!

4分間のマリーゴールド 最終回を原作でネタバレ!タイトルの意味も!最後に

いかがでしたか?
 
 
『4分間のマリーゴールド』の最終回を原作からネタバレしました。
タイトルの意味も分かりましたね!
 
 
ドラマも最終回はハッピーエンドで終わると思いますが、
泣ける要素が多いと思うので、苦手な方もいるかもしれません。
 
 
 
秋の夜長に合いそうなちょっと切ないドラマになりそうです。
 
 
ドラマを見てから原作を読んでもよし!
原作を今から読んでドラマを見ても楽しめると思いますよ!
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!
 
スポンサーリンク